トイレの三ツ星 和式トイレ ―その使い方― 忍者ブログ
 トイレと出会わぬ人類はいない
注意!
今回の話は下品というか、トイレの話題だけにちょっとだけ汚いのです・・・いや、わざわざ断るほどでもないと思いますが・・・・・・念のため。



ケント・ギルバード氏が我が家にやって来た事があるらしい。
ウチの親いわくの話である。
ケント・ギルバードといえば、日本でタレント活動しているカルフォルニア州法の弁護士さん。

ちなみにカルフォルニア州法は全米屈指の厳しさを持つ州法でして、在日米軍の敷地内はすべてカルフォルニア州法が適用されております。
どれくらいの厳しさかというと、
“日本で米兵がよく起こす”といわれている、とある事件が有罪ともなりますと最低20~30年は食らうといいます。
そう説明してくれた友人の軍人さんは事件が起きるとです。怒髪天をつきまして、この面汚しにそれ以上の刑を望むと毎度毎度のプリプリモード・・・・・・

それはさておき、
ウチの親いわくの話。
私が生まれる遥かな昔に、若かりしモルモン教徒のケント・ギルバード氏がやって来て、いわゆる「神を信じますか?」をやったらしい。
ウチの親が「いいです」なんて拒否すると、
「ありがとうございます」と家に上がりこもうとするギルバード氏。
「いいです」の意味を「Yes」と勘違いした。そんな日本語って難しいよね? ってお話しです。

現在のギルバード氏はバリバリの日本住まいですが、
来日当初は当然ながら日本レベル1の素人さんだったのでしょう。
彼が来日した頃の日本のトイレは和式がまだ多い時代ですから、洋式の存在しか知らなかったギルバード氏は、その使い方に迷ったそうです。

困った彼の解決策として、
彼は和式便器に腰かけました。
いわゆる一つの“金隠し”にです。

和式トイレ
西洋式用便之手本 - 金隠しに腰かけの図 -

このエピソードを知った私は、まさに神の天啓を受けた気がしました。
なるほどです。
この方法なら安定します。

なぜなら金隠しに腰をかけることで、お尻の位置が固定されます。
これで爆撃の際、誤爆を気にする必要性がなくなります。

また足腰が弱い人。屈む事に長時間耐えられない現代人にとって、体重を支えてくれる金隠しの存在は心強い相棒を得た! そう言い切っても良い最善の策です。

まだ幼い頃のある日。
引越し先で遭遇した和式トイレに私はショックを受けたことがあります。
物心ついた頃から、洋式トイレしか使ったことがなかった私です。
この神々の試練を前に、
「これから毎日を誤爆の不安に怯えながら用を足さねばならないのか・・・」と天を仰いで嘆きました。
神々の挑戦に負けじと私もストライキで対抗したこともありましたが、人間喰った分は普通に出るのが世の慣わし。三日も経てば降参せざるおえないという現実を知りながら、忍耐と脂汗に塗れた、永遠とも思える闘いを日々繰り広げます。

ギルバード氏の和式トイレに対する苦肉の策は、そんな幼い頃の私にとってまさに救いの神でした。

この用法のコツは、“腰をかける”というよりは、お尻の尾てい骨の上の辺りを金隠しの縁に当てる、寄りかかることにあります。

“金隠し”には一般的汚いというイメージがありますが、
除菌クリーナーの使用や、便器と腰の間にトイレットペーパーを挟むことでその問題は忘れましょう。

ほかの人にトイレでのエピソードを伺い聞くと、“和式トイレ使い”の方で、この“腰かけ”方法を利用する人は意外と多いように感じます。
ただ、そうは言っても自宅のトイレとは違う、誰がどう利用しているか不透明な公衆トイレでは、さすがに皆ためらわれるようですね。

さて、
洋式トイレが普及する昨今、和式トイレの使い勝手がわからない・慣れない人たちが多くいます。
そういう人たちが和式トイレを利用する場合、トイレを汚してしまうことも度々です。
和式便器をスリッパに例えて言えば、スリッパの踵の部分がよく汚れる傾向にあるようですね。

和式トイレを普通に利用する時は、しゃがむ場所――その立ち位置を考えなければなりません。
新世紀を迎えた今、肉食中心など栄養価の高い食生活を送る現代っ子は体も大きくなりがちですから、立ち位置が後ろに寄ると、お尻が便器からはみ出してしまう恐れが通常の2割り増しです。

このはみ出し問題に対する管理側の対策として、

和式トイレ
突出した三角部分で長さを確保

昨今よく見られるのが、公衆トイレにおける長めの便器の採用です。

この便器なら、個々の利用者による多少の立ち位置のバラつきも問題ではありません。

また、こういう風にその利用法を暗に促しているトイレもあります。

和式トイレ
足跡により、その立ち位置を指示

和式トイレ
足置き台により、立ち位置を自然と矯正


どうです?
上の写真を見るとその立ち位置がお分かりになられるかと思います。
和式トイレに相対する時の心持ちは前のめり、前進、前へ進め!です。
“金隠し”は文字通りの意味。
金を隠せる位置に来なければならないのです。

運動会における騎馬戦を例に、あえて例えて言うならばです。
あなたは馬上の騎馬武者。“金隠し”は馬の人の頭。
これがバスケットなら、
“金隠し”は敵に取られまいとお腹の辺りでホールドされるバスケットボールです。

和式トイレに不慣れな方は、それぐらい“金隠し”を意識して腰を降ろすといいでしょう。


ちなみに上記写真に見える、
便器の中についているステンレス製の丸い蓋は、便器が詰まった時に修理屋さんに利用されます。

拍手[1回]

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[12/15 C-4Rさん]
[12/03 touchang]
[09/16 Makoto]
[08/28 多摩っこ]
[08/28 多摩っこ]
最新TB
サイト内検索

カスタム検索


プロフィール
HN:
Knightou
性別:
非公開
職業:
トイレ探検家
自己紹介:
星の数ほどトイレはあれど、人生を通して出会えるトイレの数はとても儚く、そして少ない。トイレとは、船乗りに対する港――人生という大海原を彷徨いながら、人は必ずトイレに帰る……。安らぎを得る場所、お腹の嵐に遭遇したとき、緊急避難の場所として寄航するトイレ。そんなトイレについて駄文を書き連ねる不定期メモです。
トイレに行く前のお天気情報
癌やエイズの無い世界へ向けて
病撲滅運動実施中!

Copyright © [ トイレの三ツ星 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]