トイレの三ツ星 隅田公園(台東区) 1号トイレ 忍者ブログ
 トイレと出会わぬ人類はいない
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



【東京都 台東区】
隅田公園(台東区) 1号トイレ

隅田川を挟んで東西に引き裂かれた隅田公園は、
一年に一度のなんちゃらの日に出会うとか出会わないとか伝説はイイマス(嘘)。

隅田公園の台東区側の南端には有名な水上バス乗り場がありまして、その乗り場の目と鼻の先に1号トイレという名前の公衆トイレがあります。

隅田公園(台東区) 1号トイレ
1号トイレ(裏に見える建物は水上バス乗り場、さらに後ろの金ピカはアサヒビールタワー)

観光名所・浅草の観光スポットである水上バス乗り場の目の前ですからね。
このトイレの前というか、この公園のスペース。
黄色い看板に書かれている通り「はとバスコース お客様集合場所」となっておりまして、世界各国の観光客が「HAHAHA!」と列を為している光景を目にすることができます。

隅田公園(台東区)前

またトイレの前のスペースは人力車乗り場になっていたりもするところです。

で、

隅田公園(台東区) 1号トイレ
1号トイレ(手前入り口に青の男性マーク 奥側に赤い女性用マーク)

そんなワールドワイドな観光客で混み込みな場所に目立つトイレがこれなわけですが・・・・・・

隅田公園(台東区) 1号トイレ
洗面台

トイレの手洗いは共用通路。
外から男性用トイレの表示を確認、その入り口をくぐった中は細長い通路、共用通路となっています。

隅田公園(台東区) 1号トイレ

1号トイレの見取り図 右方向が水上バス乗り場

共用廊下の壁にも、それぞれのトイレの入り口――男性用と女性用とを区別するためのアイコン(ピクトグラム)がついていますが、通路が人一人分くらいの幅しか無い細い通路のせいもあって見難く、そのせいかその表示に気がつかない男性もいるようです。
と申しますのも、共用通路を“男性用トイレと勘違いした”と思われる人が女性用トイレに向かう光景を目にしましたので。
また共用廊下で手を洗っている女性の姿に戸惑う男性、逆に手を洗っている男性に戸惑う女性の姿もありましたので、ここのトイレの設計はちょっと難ありだと思います。

隅田公園(台東区) 1号トイレ
一般男性用トイレの様子
隅田公園(台東区) 1号トイレ

トイレは綺麗とはいえず、個室に紙は置いてありません。

隅田公園(台東区) 1号多目的トイレ
多目的トイレの様子
隅田公園(台東区) 1号多目的トイレ

多目的トイレにも紙は無く、まぁあるだけありがたいといった感じです。

【評価】・・・
【利便】☆
【清潔】・・・
【ユニーク度】・・・
【一言】
浅草のホットスポットがあり、隅田川を渡るための橋もあります。人が集まる場所であり、人の流通のある場所でもあります。それゆえトイレの回転率は高く、遠い異国の観光客たちも利用するトイレの1つでもあります。
ちょっとね、なんかくたびれ過ぎのトイレなんでね・・・・・・ぶっちゃけ建て替えて☆ぃ。
【装備】
小用×4 和式×1 多目的トイレ×1
※多目的
特になし

場所の地図

拍手[0回]

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[12/15 C-4Rさん]
[12/03 touchang]
[09/16 Makoto]
[08/28 多摩っこ]
[08/28 多摩っこ]
最新TB
サイト内検索

カスタム検索


プロフィール
HN:
Knightou
性別:
非公開
職業:
トイレ探検家
自己紹介:
星の数ほどトイレはあれど、人生を通して出会えるトイレの数はとても儚く、そして少ない。トイレとは、船乗りに対する港――人生という大海原を彷徨いながら、人は必ずトイレに帰る……。安らぎを得る場所、お腹の嵐に遭遇したとき、緊急避難の場所として寄航するトイレ。そんなトイレについて駄文を書き連ねる不定期メモです。
トイレに行く前のお天気情報
癌やエイズの無い世界へ向けて
病撲滅運動実施中!

Copyright © [ トイレの三ツ星 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]