トイレの三ツ星 殿ヶ谷戸公園トイレ 忍者ブログ
 トイレと出会わぬ人類はいない
【東京都 国分寺市】
殿ヶ谷戸公園
殿ヶ谷戸公園入り口

有料の公園「殿ヶ谷戸公園」は、

殿ヶ谷戸公園トイレ

JR国分寺駅のすぐそば、超リッチな立地にある公園であります。

殿ヶ谷戸公園
殿ヶ谷戸公園

元は大正時代に満鉄副総裁の別邸として造られ、昭和4年に三菱財閥の岩崎彦弥太が別邸として買い取り、最後は東京都が買収。

殿ヶ谷戸公園

その後の昭和54年、再開発により取り壊されることになるものの住民運動により保存される事に。

殿ヶ谷戸公園
スズラン

では今日はココ、殿ヶ谷戸公園内にあるトイレを見聞します。

殿ヶ谷戸公園トイレ
殿ヶ谷戸公園トイレ

ここのトイレは男女別、

殿ヶ谷戸公園トイレ

回遊式庭園の順路から見て男性用トイレの入り口は奥側にあります。

殿ヶ谷戸公園トイレ

外観の雰囲気とは打って変わりレンガの内装です。
小用トイレは3つ。一応手すりもついてはいますが、T字が1本だけとはちと心細い感じですね。

殿ヶ谷戸公園トイレ
洗浄は背面レバー

個室トイレは1つのみで洋式のシャワートイレとなっています。
流石は有料の庭園! こうでなくっちゃあいけない!!

殿ヶ谷戸公園トイレ

もちろんトイレットペーパーも用意されています。

殿ヶ谷戸公園トイレ

これで洗面台に石鹸が置いてあればなぁ・・・・・・とは思う。

殿ヶ谷戸公園

トイレから時計回りで庭園を進むと小橋があり、

殿ヶ谷戸公園

その小橋のかかるせせらぎの上流には、

殿ヶ谷戸公園
鹿おどし
殿ヶ谷戸公園

橋の向こうには「紅葉亭」という休憩スペース兼貸し集会場があります。

殿ヶ谷戸公園 紅葉亭
殿ヶ谷戸公園 紅葉亭

その名の通り、秋の時期には絶品な紅葉が楽しめる場所と誉れの高い場所ですが、その場所の位置“高さ”も相当なもので、ハケの道(国分寺崖線)の上にあるこの紅葉亭からの眺めは、

殿ヶ谷戸公園

初夏にあっても素晴らしいものがあります。
つうか、これが本当の自然を生かした“庭造り”ってヤツだよな。
この急な断崖を生かした庭も、もし再開発とやらが行われていたら、とてもツマラン場所になっていたのでしょうね・・・・・・

殿ヶ谷戸公園
もう“竹の子”ではない竹

庭園には竹林や藤棚、桜なんかも植わっているので、紅葉の時期じゃなくてもそこそこ楽しめる庭園となっています。

殿ヶ谷戸公園
湧き水も湧いている

【評価】☆☆
【利便】・・・
【清潔】☆☆
【ユニーク度】・・・
【一言】
前々回、前々前回、前々前々回に見聞いたしました岩崎家(岩崎久弥)のご長男の別邸です。つうか都の有料庭園のほとんどが岩崎家ゆかりの品々だったりします。
武蔵野から八王子にかけては昔の金持ちや昔の政治家さんたちの別邸も多かったようで、クーデターや空襲など難を避けるための場所としても別邸は利用されていたようですね。
この辺りを1940年頃の航空写真で覗いて見ると、この辺りは超がつくほどド田舎だったりしますです。

庭園内見聞中、来園者の中に車椅子の方の姿を見ましたが、この公園内に多目的トイレは無いご様子。ここ「殿ヶ谷戸公園」の柵の外・西側に隣接する殿ヶ谷戸の外公園(普通の公園)には多目的トイレ(公衆トイレ)があるのだけれど、有料庭園入り口からだとちょっと遠いのですよね・・・・・・
【装備】
小用×3 洋式×1
シャワートイレ:○ 紙:○

場所の地図

拍手[0回]

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[12/15 C-4Rさん]
[12/03 touchang]
[09/16 Makoto]
[08/28 多摩っこ]
[08/28 多摩っこ]
最新TB
サイト内検索

カスタム検索


プロフィール
HN:
Knightou
性別:
非公開
職業:
トイレ探検家
自己紹介:
星の数ほどトイレはあれど、人生を通して出会えるトイレの数はとても儚く、そして少ない。トイレとは、船乗りに対する港――人生という大海原を彷徨いながら、人は必ずトイレに帰る……。安らぎを得る場所、お腹の嵐に遭遇したとき、緊急避難の場所として寄航するトイレ。そんなトイレについて駄文を書き連ねる不定期メモです。
トイレに行く前のお天気情報
癌やエイズの無い世界へ向けて
病撲滅運動実施中!

Copyright © [ トイレの三ツ星 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]